2014.4.30
MARCELO GOMES x KEN MILLER Interview

MARCELO X KEN
(English follows)

ブラジル北東部に位置するフォルタレザ生まれの写真家、Marcelo Gomes(マルセロ・ゴメス)。バスケットボールの奨学生としてアメリカに渡るが、彼はプロバスケットボールプレイヤーではなく、ニューヨークでアート雑誌の編集者となった。その後彼は写真家になり、アート・ファッション界で卓越した存在となった。

この経歴の意外性は彼の写真へのアプローチにも通じる。マルセロにとって写真を撮ることは、実体をあぶり出すことでなく、被写体が概念となりうるまで、それらと関わり続けることである。写真の一部分を拡大したり、カメラと被写体の間にリボンや布を差し込ませたりしながら、幻想的な世界観を作り上げる。彼にとって写真とは色・形・感情を撮ることであり、そこから彼のロマンティックでミステリアス、そして心を奪うほど美しい写真が生まれる。

- Ken Miller(ケン・ミラー / キュレーター), 2014

・スペシャル・インタビュー 聞き手:Ken Miller(ケン・ミラー)

K: あなたにとっての写真は「被写体」と「撮影行為」のいずれになるでしょうか。またそれは名詞もしくは動詞のどちらでしょうか。
M: 撮影行為そのものが写真だと思います。特に最近はね。なので動詞です。

K: どのようにして独自のスタイルを見つけましたか。偶発的に、もしくは意図的にでしょうか。
M: 自分自身を見つめる事、そして他の写真家の作品を見ることから生まれたと思います。控え目に見積もっても、仕事の50%は「編集」にかかっていると思う。そう考えない写真家は考えが甘いと思っています。「編集」は僕の得意とするところで、他のアーティストの作品から雑誌編集までどんな形式でも問題ありません。ただ、「編集」以外の残りの50%を理解するのには時間がかかりました。個人的にはこの50%は自分自身の言葉、確固たる意志を持つことだと思っています。そのためには、自分がしたかったこと、言いたかったことに集中すること。もちろん数えきれないぐらい試して失敗もしていますけどね。そういった経緯を経て、今では写真を撮ることがすごく自然でやりやすくなりました。それが僕のスタイルなのだと周りが気づいてからは、特にやりやすいですね。

K: 当初はNYを拠点とする雑誌「Index Magazine」で4年間働かれていました。写真家としてのキャリアに役立つ経験でしたか。
M: もちろんです。他の写真家についても知る機会になりましたし、ヒーローと呼べる人たち(ユルゲン・テラー、ヴォルフガング・ティルマンス)にも会うことができました。それに、雑誌の仕事をしながら写真家としてもスタートする度胸もついたと思います。

K: 他の写真家の作品や他ジャンルのアート作品からインスピレーションを得ることはありますか。
M: これまでは沢山の写真家の作品を見ていましたが、今は本当に見なくなりました。他人の作品ばかり見ることをやめ、周りの声や音をオフにすることが写真家にとってとても重要なことだと理解したんです。独りになって自分自身を見つめながら色々と考えていますね。ただ、絵を描いたり、観るのはとても好きですね。正直ペインターには嫉妬を感じます。

K: 作品における豊かな色彩はどのように作り上げているのですか。自然とそうなっているのでしょうか。
M: 高感度のポジフィルムで撮影しています。また長時間露光で撮影しているので、色彩コントラストにも影響してきますね。最初の頃は、余りにも自然光に頼っていたので、曇りの日や光が少ない環境での撮影のときは本当に心配で仕方なかったです。ただ、ここ数年は絞りの数値を「8」、シャッタースピードを「1/8秒」と、とても時間のかかる撮影方法なのでどこで撮影をしても濃い色彩になります。

K: 一番好きな色は何色ですか。
M: 緑と青の中間色で、一番近いのは「ティール(暗緑色がかった青色)」です。

K: あなたに影響を与えた人は誰でしょうか。
M: 写真という枠で考えると、まずWolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)です。そこからかなり間を置いてその他の写真家がいます。ティルマンスは全てを変えました。写真界のマイケル・ジョーダンです。おかしく聞こえるかもしれないけど、本当にそうだと思っています。彼に出来ないことは無いし、その全てが卓越しています。Mark Borthwick(マーク・ボスウィック)のもとで働いた2年間は素晴らしい経験でした。アーティストであること、その上での鍛錬など、常に作品を作り続け、新しいことに挑戦し続けることを教えてくれました。

K: 初めてカメラを手に取ったのはいつですか。
M: 僕がまだ12歳のとき、祖母とウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに行ったときですね。それまで見たことのなかったブロンドの女の子や派手な外装をしたショップの写真をがむしゃらに撮っていました。

K: 北ブラジルではどんな環境で育ちましたか。家族についても聞かせてください。
M: ごく一般的な家庭です。両親ともに下位の中流階級出身で、父方はポルトガル移民で母方は様々な地域の混血でした。祖母は看護婦で、弁護士の母親は市に勤め、父親は新聞社で働いていました。家族は全く芸術肌ではなかったけど、僕と妹のロベルタは、読書と旅をするように両親からは言い聞かされていました。

K: アメリカに初めて来たときの印象はどうでしたか。
M: まだ若くて、全くの無知でした。バスケットボールの奨学生としてアイオワ大学に通っていたのですが、頭の中にあったのは常にバスケットボールのことだけでしたね。

K: 仕事で頻繁にサンパウロとリオに戻っていますが、刺激は受けますか。
M: 多くの友人がサンパウロに住んでいます。街だけで考えるとリオには沢山刺激を受けています。リオは本当に美しい街で、散歩をしているだけでも最高な場所です。前回は多くの写真を撮りました。特にJardim Botanico(リオ・デ・ジャネイロ植物園)は素晴らしい場所でした。

K: 注目しているブラジルのアーティストはいますか。
M: 画家のEduardo BerlinerやFernanda Gomesの作品が好きです。あと、Ana Holck、Maria Laet、Marcelo Jacomeも。映画監督のKarim Ainouz の作品もとても素晴らしいです。

K: ブラジルが与えた影響について教えて下さい。パリやロンドンで育っていても同じ写真家になっていたと思いますか。
M: ブラジルで育ち、身についたことは ”気軽にいく” ということで、これは最大の賜物だと思っています。僕はアートに囲まれて育ったわけではありませんし、パリやロンドン、ニューヨークでそういったものに至るところで触れてきたわけでもありません。自分の作品が直接的にブラジル人テイストだと言えるかは分かりませんが、ある種の緩さや自由さがあるとは思っていて、それは昔から聞いていたブラジルの音楽や家族からインスパイアされていると思います。

K: ニューヨークはどうですか。
M: ニューヨークにいて感じることは、可能性が未知にあるところです。ファッションという仕事に限らず、あらゆる境界線を超えたファッション撮影や、ポートレート撮影、作品集制作や展示など、とても充実した生活を送っています。

K: ブラジルに対する意識は年月と共にどのように変化しましたか。
M: この10年でブラジルは大きく変わりました。嬉しいことも悲しいこともありましたが、徐々に良くなっていると信じています。

K: いま撮影したい人はいますか。
M: 僕のヒーロー、Caetano VelosoとBrian Enoです。

MARCELO X KEN

Marcelo Gomes uses some surprising words when speaking about his romantic, dreamy photographs. He talks about the relationship between texture and color being ‘combative’, a term that seems to be worlds removed from the sublime beauty of his images. But it is this active dynamic that gives Gomes’s abstracted images their power – the aggressive interplay between texture, color and light creates something surprising and new. The interaction of texture and color creates an almost hysterical energy in Gomes’s effervescently bright colors and rich, organic black-and-white tones. (It’s kind of sexy when you think about it.)

Gomes understands that a photograph is an entity unto itself – it is a surface placed between photographer and subject that can be manipulated in order to create its own reality or unreality. The act of taking a photograph involves an interaction with that in-between space, and through this ephemeral encounter, an abstracted form is liberated from its original subject. That form is a sensation as much as it is an object.

Gomes is taking the tangible and inventing a mood, a moment, a feeling, a vision and ultimately, an aesthetic.

Is a photograph about the subject of the photo or the act of shooting a picture? Is it a noun or a verb?

I think it’s about the shooter, much more so than the subject, especially today. So it’s a verb.

-Ken Miller, 2014

K: How did you discover your style of photography? Was it an accident or intentional?

M: I think it came from looking inward as well as at other photographers’ work.
I’ve always thought that a photographer is kidding himself if he doesn’t think that editing is at the very very least 50% of the job. I think I’ve always been good at editing, other people’s work – pictures in magazines, or anything, really. It did, however, take a long time for me to figure out the other half of the equation, which is having a voice that’s honest and your own. It mostly came from focusing on what I wanted to do, what I wanted to say, and through a lot of trial and error.
Today it feels very natural and it’s very easy for me to take pictures. It’s great when I hear people saying that they recognize my style of doing it.

K: You used to work at a magazine. Was that useful training for your career as a photographer?

M: Very much so. I got to find out about other photographers and I got to meet some of my heroes. I also got the courage to start taking pictures whilst working in a magazine.

K: Do you look to other photographers for inspiration or do you take inspiration from other artforms?

M: I used to look at a lot of photography, but I don’t really anymore. I found that it was very helpful to me as a photographer to stop looking sideways so much and to sort of quiet all of the voices and the noise around me. It left me alone to be myself and figure it all out. I love painting, and I look at a lot of it. I think I’m jealous of painters, in fact.

K: How do you achieve such richness of color in your photos? Does it just happen naturally?

M: I shoot positive film which has high saturation, as well as the long exposures that I subject things to, which also affects the contrast. When I first set out on my own, I was always so scared of cloudy days and low light situations, mostly because I was depending on the sun so much. Now for the last 3-4 years or so, I’m at my happiest shooting at F8 at 1/8 of a second, which is really slow, and means that it’s quite dark wherever I’m shooting.

K: What color attracts you the most?

M: I guess my favorite color is in between green and blue – the closest word for it is teal.

K: Who are some of your influences?

M: Photographically speaking…. In my opinion, there’s Wolfgang Tillmans, there’s a LOT of space, and then there’s everyone else. He’s changed everything. He’s the Michael Jordan of photography. I know it sounds silly, but I think it’s absolutely true. There’s nothing the dude can’t do. – he’s good at every facet of it.
Working for Mark Borthwick for two years was great, also. It taught me a lot about being an artist, and about discipline – working all the time and trying something new.

K: When was the first time you picked up a camera and why?

M: When I was a kid I went with my grandma to Disney World. I was 12 and the pictures were of all these things I had never seen before – blonde girls, fancy stores…. It’s strange to think about it!

K: You grew up in the North of Brazil. What was that like? Tell me a bit about your family…

M: My family is very simple. Both my parents come from lower middle class families – my dad’s family is of Portuguese immigrants and my mom’s is very mixed. My grandmother was a nurse, my mother works for the city as a lawyer, and my dad works in a newspaper. We weren’t very arty at all, but both me and my younger sister Roberta were pushed to read a lot and travel.

K: What are your memories of first moving to the US?

M: I was really young and was utterly clueless. The only thing on my mind at the time was basketball – I moved here on scholarship to play for the University of Iowa.

K: You return to Sao Paolo and Rio often for work. What excites you there?

M: As a city, Rio excites me more, even though most of my great friends in Brazil are in São Paulo. Rio is just so beautiful that I love going to back to just walk around. I took a lot of pictures on this last trip, and I visited the Jardim Botanico, which is pretty great.

K: Who are some exciting current artists in Brazil right now?

M: The painter Eduardo Berliner makes beautiful work. I love the artist Fernanda Gomes’ stuff. The mixed media artist Cadu Costa and also Luiza Baldan, Ana Holck, Maria Laet and Marcelo Jacome. And the director Karim Ainouz – this dude is good….

K: How do you think Brazil has influenced you? Do you think you would be the same photographer if you had grown up in Paris or London?

M: I think the fact that I grew up in Brazil made me free to try, and I think that is a real gift. I say this because I wasn’t brought around art, or wasn’t exposed to any of these things that are ubiquitous in Paris/London/New York. I wouldn’t say that my work is necessarily ‘Brazilian’, or specifically so. But I know that there is a looseness and a freedom to it that I like to think comes from having been born and exposed to the kind of Brazilian popular music I was exposed to, or from having the family I have and so on….

K: What makes you proudest of being Brazilian? What makes you happiest about living in NY?

M: The thing that makes me happiest about being in New York is the fact that it is not only possible to do what I do, but also that it’s possible to do what I do in the fashion that I do it – straddling so many lines, shooting some fashion, shooting portraits, making books, exhibitions, and generally having a really complete life here.

K: How has your perception of Brazil evolved over the years?

M: It’s changed a lot in the past 10 years. I’ve been happy, I’ve been sad, but I think things are getting better. I believe it.

K: Who is the person you would most like to photograph?

M: Separately, two of my heroes: Caetano Veloso and Brian Eno.