2016.8.30
LARRY CLARK 「TOKYO 100」

LARRY CLARK 「TOKYO 100」
¥15,000- Photography Sale
9月23日(金)- 30日(金)
GALLERY TARGET

この度、ギャラリーターゲットでは世界的に活躍する写真家で映画監督でもあるラリー・クラークの展覧会を開催致します。

世界中の多くのフォトグラファーや映画作品、ストリートカルチャーやファッションデザイナーにまで多大なる影響を与えたラリー・クラーク自身が、1992年から2010年までの間に発表した「KIDS/キッズ」(1995)、「BULLY/ブリー」(2001)、「Ken Park/ケン・パーク」(2002)、「Wassup Rockers/ワサップ!」(2005)、などの代表的な撮影シーンや、それらの作品のロケーションで撮り下ろした多くのスナップショット、Supremeのカレンダー撮影の際に撮り下ろした貴重なポートレートやセルフポートレートを今回ニューヨークやロンドン、LAでの開催を経て、東京にて初の展示と販売をいたします。

この展覧会を始めるにあたり、73歳になったラリー・クラークは、今まで撮りためてある多くの写真をどうしようか考えていました。美術館へのアーカイブ寄付やオークションで売るのではなく、今までのキャリアを支えてきてくれた多くのファンや友人に持ってもらおうとの自身の熱い思いからこの展覧会はスタートしております。

ラリー・クラークは「この展覧会は今まで何度も自分の展覧会に来てくれ1万ドルや1.5万ドルするプリントを買えなかったファンの子達へ、これはスケーターやコレクター達へのお土産や記念品とし、自分がハッピーに死ぬためのお返しなんだ」と語っています。2013年初め、ニューヨークのロウアー・イーストサイドにあるホーム・アローン2にて「LARRY CALRK 100」はスタートし、ラリー・クラーク自身の古くからの友人で映画「KIDS/キッズ」にて鮮烈なデビューを果たした俳優でギャラリストでもあるレオ・フィッツパトリックが今回の展覧会のキュレーターであります。

「TOKYO 100」では、大きな木製のクレートをギャラリーの中央に設置し、中に写真を積み上げオーディエンスに見せる予定です。作品は主に、薬局や一時間プリントでラリー・クラーク自身がプリントをしたもので102×152mm (4 x 6)のカラープリントを各15,000円で販売いたします。メトロポリタン美術館やニューヨーク近代美術館をはじめとした世界中の名だたる美術館にコレクションされているアーカイブ作品を間近で見て購入することが出来、何百枚とある作品の中から、新しいラリー・クラークの側面を見出し、そしてそれを持って帰ることができる唯一の展覧会が「TOKYO 100」であります。

LARRY CLARK 「TOKYO 100」
9月23日(金)- 30日(金)
12:00-19:00
オープニング:23日(金)18:00 – 20:00 (ラリー・クラークとレオ・フィッツパトリック在廊予定です)
*会期中は日曜日も開廊します

ラリー・クラーク
1943年タルサ(オクラホマ州)に生まれる。
ニューヨークとロサンゼルスに拠点を置く。
1995年に初めてのフィーチャーフィルム「キッズ」をカンヌ映画祭にて発表し大きな評価を得る。その後「アナザー・デイ・イン・パラダイス」(1998)、「ブリー」(2001)、「ケン・パーク」(2002)、「ワサップ!」(2005)をリリースする。近年にはフィーチャーフィルム「マーファ・ガール」を2012年11月にクラークのウェブサイトからリリース。この作品は第7回ローマ映画祭にてゴールデン・マルクス・ アウレリウス賞を受賞。近年の作品に「スメル・オブ・アス」(2014)がある。写真家としてクラークの作品は世界各都市のメジャーな美術館、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、ピナコテーク・デア・モデルネなどに収められている。主な個展に2012年「ラリー・クラーク」ブランツ写真美術館(オーデンセ/デンマーク)、「ラリー・クラーク」COベルリン(ベルリン/ドイツ)、2010年に「ラリー・クラーク:Kiss the Past Hello」パリ市立近代美術館(パリ/フランス)、2009年に「ラリー・クラーク レトロスペクティブ」ウジャドゥスキー城現代美術センター(ワルシャワ/ポーランド)がある。

レオ・フィッツパトリック
1978年モントクレア(ニュージャージー州)に生まれる。
14歳の時にニューヨークのワシントンスクエアパークでスケートしている際にクラークと出会い「キッズ」(1995)で俳優としてデビューする。以後「ブリー」(2001)、「ブラインド・ホライズン」(2004)、「フローズン・ドリーム」(2009)また「 ザ・ワイヤー」(2002-2004)、「キル・ポイント」(2007)などテレビドラマでも活躍。現在はアーティストそしてギャラリーのディレクターとして活動(をはトル)している。アーティストとしてはニューヨークのハーフ・ギャラリーで個展を開催。2012年にロウアー・イーストサイドにアーティストであり友達でもあるネイト・ローマンとホーム・アローン2をオープン。そこでLARRY CLARK 100を開催。2015年にはチェルシーのマルボロ・ギャラリーのディレクターに就任。

Follow Larry
FB http://facebook.com/lcpunkpicasso
TW http://twitter.com/larryclarkfilms
IG http://instagram.com/larryclarkfilms

LARRY CLARK
TOKYO 100
¥15,000 Photograph Sale

FRI 23 SEP – SUN 30 SEP 2016
CURATED BY Leo Fitzpatrick | HOSTED BY GALLERY TARGET

A large selection of unique Larry Clark photographs will be on sale to
fans and followers of the artist’s work at Gallery Target in Tokyo.
The photographs date from 1992 – 2010, and were taken by Clark on or
around the locations of his films from that time – including Kids
(1995), Bully (2001), Ken Park (2002), and Wassup Rockers (2005),
among others. The pictures document the people, kids and friends he
was interacting with during this period, many playing leading roles in
his films. The collection of photographs also includes outtakes from a
calendar shoot for the street brand Supreme, as well as many unique
portraits, self portraits and various snapshots.

About the Exhibition:

Having recently turned 73, Clark found himself faced with the question
of what to do with the thousands of unique prints he had accumulated
over the years.

Instead of gifting to museum archives, or selling at auction, Clark
has decided to distribute a large portion of his archive to the
friends and fans that have played a central role, sometimes literally,
in his career to date. In his words, the sale is for ‘all the kids
that come to my shows in thousands and could never afford 10 to 15
thousand dollars for a print (…) this is a pay back to all the skate
rats and collectors who would like a souvenir so I can die happy.’

Clark’s plan was first realized in early 2013, when thousands of his
photographs were on view and for sale at Home Alone 2 gallery in the
Lower East Side, New York. Under the supervision of the gallerist, his
actor friend Leo Fitzpatrick (who made his debut in Kids), throngs of
Clark fans were given the unique opportunity to rummage through this
archive in a quest to select that perfect souvenir.

Similarly in Tokyo, a large wooden crate set in the centre of the
gallery space, stacked neatly with these one-of-a-kind photographs,
will be presented to a Tokyo audience. Represented in the photography
collections of many major museums around the world, including the
Metropolitan Museum of Art and The Museum of Modern Art, New York,
this is a rare opportunity to gain access to the photographer’s vast
archive while also having the potential to walk away with a piece of
it. Printed mainly at pharmacies and one hour photo shops by Clark,
these unique 4 x 6 in colour prints will be sold at
¥15,000 each for one week only. Viewers will generously be let to
flick through handfuls of snapshots at a time, gaining new insights
into his working method as well as having the opportunity to come away
with an original Larry Clark.

Hours: OPEN EVERY DAY 12PM-7PM*
Location: GALLERY TARGET – 2 Chome-32-10 Jingumae, Shibuya, Tokyo 150-0001
Opening Reception: 23rd (Fri) 6 – 8 pm (artist and curator will be at the gallery)