HONET

フランス出身パリ在住。1988年、15歳のホーネットはグラフィティ・アーティストとしてキャリアをスタート。その後、ヨーロッパはロンドンからブカレストまで、ヘルシンキからアテネ、そしてモスクワ、北京、東京の町やトレイン・トラックなどに活動範囲を広げる。
90年代後半に自分の表現材料をスプレー缶から筆に表現場所を町の壁からギャラリーの壁へと移し、次のキャリアをスタートさせた。様々な都市を旅したホーネットは特に廃墟(教会、森、工場跡やカタコンベ)から強く影響を受け、ゴシックとモダン・バロックが混ざり合った現在のスタイルを確立。ホーネットの作品は、いまではヨーロッパはもとより、アメリカやアジアでも展覧会や企業とのコラボレーションという形で見る事ができる。2005年からPRADA SPORTSのイラストレーションや同ブランドのワールドカップサッカー記念Tシャツを手がける。2011年には春夏シーズンのLACOSTE新ライン”LACOSTE L!VE”が提案するカプセルコレクションにおいて一人目のコレクションアーティストとしてホーネットが選ばれた。
2012年5月に日本初個展となる「I WANT DISCIPLINE!」をGALLERY TARGETにて開催。

In 1988, a young Parisian discovered graffiti. He was only 15, but he knew that from that moment nothing would ever be the same again. In the time it took other taggers to work out how to change the nozzle on their cans, Honet’ s work became a reference in the Paris graf world.
At the end of the 1990s, he decided change direction and swapped his spray-paint can for a brush.A second career began in which this time the walls covered were in galleries.His style, a crossbetween the gothic and modern baroque, has been strongly influenced by his travels across Europe and Asia and is nourished by the abandoned spaces(churches, forests, industrial buildings, catacombs)he visits.
His images of ravaged landscapes peopled by skeletons have already been exhibited widely from Europe to America to Asia and the artist has collaborated with companies including Prada and Ruby along with numerous press publications in Fact, WAD, Clark and Voxer amongst others.

honet1
honet2
honet3
honet4
ARTIST
PETER SUTHERLAND PETER SUTHERLAND
Misha-1 MISHA HOLLENBACH
honet1 HONET
Marcelo Gomes MARCELO GOMES
Koichiro Takagi KOICHIRO TAKAGI
yuri-1 YURI SHIBUYA
Satoru Aoki SATORU AOKI
ai fukasawa-1 AI FUKASAWA
p2014_29_ly_harmony Ly
unnamed (1) 2 STEPHEN POWERS
2014target003-50x65cm AYAKO ROKKAKU